Programming寺子屋Hats

 江戸時代「寺子屋」は庶民の子どもたちが読み書きそろばんを学ぶ重要な場所でした。

その「寺子屋」を現代に復活させ、今一番必要とされている「プログラミング識字率」の向上をはかる学びの場として「プログラミング寺子屋Hats」は出来ました。

ITを活用し、また、創造していく人材育成を目的として活動をしています。

楽しく興味を持ってプログラミング学習をする中で、自ら学び、創造する力を身に付けることができるように導いていきます。